ホーム>みんなのよい食プロジェクト
JAグループは「みんなのよい食プロジェクト」に取り組んでいます


みんなのよい食プロジェクト

みんなのよい食プロジェクトとは、これからの日本人にとって「よい食」とは何かを、日本の農家とJAグループ、そして消費者のみなさんが一緒になって考え、行動していく運動です。

笑味ちゃん
 イメージキャラクター「笑味ちゃん」

今、一番考えなくてはならない『食(しょく)』というキ−ワードの漢字そのものをモチーフとして、その漢字の形を、よい食を笑顔で食べている姿に、見立てています。
名前は公募により、「みんなが笑顔になれるような味を、生産者と消費者がいっしょになって作っていけるように」という意味を込めてつけられました。



食料の60%を海外に頼っている、今。
世界中で原油や穀物の価格が高騰している、今。
私たち日本人がいちばん考えなくてはいけないのは、
「食」についてだと思います。
生産者も、消費者も一緒になって、
よい食をつくり、えらび、かんがえる「みんなのよい食プロジェクト」。
日本の農家とJAグループは、取り組んでいます。
食の未来をつくることは、この国の未来をつくること。
そう思うから。子どもの、そして将来のあなたのために、今。
みんなで一緒に、よい食を本気で考えよう。
食は、日本の未来。JAグループ。

公式HPはこちら→http://www.yoi-shoku.jp